パナソニックの太陽光発電と併用できる蓄電池の価格と性能を詳しく解説して行きたいと思います。

パナソニックには太陽光の電気をフルに活用するための創蓄連携システムとスタンドアロンタイプのリチウムイオン蓄電システムが用意されています。

創蓄連携システム

創蓄連携システムでは太陽光発電用と蓄電池用、2つのパワーコンディショナを一体化し、電気を効率よく活用することができるようになります。

創蓄連携システムで利用できる蓄電池の価格と性能は以下のようになっています。

リチウムイオン蓄電システム

リチウムイオン蓄電システムは太陽光発電があってもなくても導入することができる蓄電池で、安価な深夜電力で充電し電気をよく使う昼間や夕方~夜に蓄えた電気を使うことで、電力消費のピークを低く抑えることができます。

停電時に使用できる機器・時間の目安は以下のようになっています。

リチウムイオン蓄電システムの価格と性能は以下のようになっています。

パナソニックの蓄電池の導入を検討している方はどのような使い方をしたいかによって導入するシステムを決めればいいでしょう。

太陽光発電を導入しておらずただ非常時に備えたいという場合はリチウムイオン蓄電システムしか選択肢がないですが、これ一つでも十分すぎるほどの電力を確保することができると思うので、是非検討してみてください。