パナソニックの産業用太陽光発電の保証について

パナソニックの産業用太陽光発電の保証についてお伝えしていきたいと思います

パナソニックの産業用太陽光発電のモジュール出力保証は購入するパネルによって保証期間が変わります。

出力の大きな大型タイプは20年、標準タイプは25年の保証となっており、どちらも無償で保証が付帯されるようになっています。

20年保証は10年で81%未満、または20年で72%未満になった場合に保証することになっており、25年保証は10年で81%未満、または25年で72%未満になった場合に保証してもらうことができます。

パワーコンディショナに対する保証は10年となっており、詳しい記述はありませんでしたがおそらくこれも無償で受けることができると思います。

残念ながら産業用では15年の長期保証は用意されていないようですね。

このことから察するに産業用太陽光発電の場合は10年から15年で交換する人も多いのだと思います。

パナソニックの産業用太陽光発電の保証はすべて無償で受けることができるようになっていますが、申請はする必要があるので施工が終わった段階で施工業者に保証の申請を忘れずに行っておきましょう。

書面でのやり取りになると思いますが1ヶ月もあれば手続きも終わると思いますよ。

SNSでもご購読できます。




コメントを残す

*