パナソニックの太陽光発電の自然災害保証について

パナソニックの太陽光発電の自然災害保証について解説していきたいと思います。

パナソニックでは通常の保証とは別に有償で自然災害補償をつけることができるようになっています。

自然災害補償で保証の対象となるのは以下の物になっています。

  1. 太陽電池モジュール(パネル)
  2. パワーコンディショナー(屋外用マルチストリングス型およびパワーステーション本体を含む)
  3. 接続箱(昇圧機能付きを含む)
  4. 創蓄連携システム蓄電池ユニット
  5. 架台、表示器(他社製品を含む)
  6. ①~④までの物の付属品または付属配線であって、購入者に対して設置時に供給した物(他社製品を含む)

保証期間は10年の物と15年の物が用意されており、料金は以下のようになっています。

  • 自然災害補償 10年 : 15,000円/パワーコンディショナー1台あたり
  • 自然災害補償 15年 : 23,000円/パワーコンディショナー1台あたり

災害はいつやってくるかわからないのでできれば15年の方をセットしておきたいですね。

自然災害補償に加入するには販売店に問い合わせる必要があるので、契約の際に自然災害補償をつけたいということを伝えておくといいでしょう。

自然災害補償の適用事例など更に詳しい情報を知りたい方は以下から見ることができます。

→ パナソニックの太陽光発電の自然災害補償の詳細はこちらから

パナソニックは自然災害補償を取り扱っている数少ないメーカーの一つであるのでせっかくパナソニックにしたのならセットしておくことをおすすめします。

SNSでもご購読できます。




コメントを残す

*