パナソニックの太陽光発電の減産はいつまで続く?

パナソニックの太陽光発電の減産について解説していきたいと思います。

パナソニックは2016年の2月に大阪府内の主力工場の稼働を停止したことで、国内外合わせた全工場の稼働率は現在50%~60%にとどまっています。

最近では昭和シェル石油子会社のソーラーフロンティアはがパネル生産の主力拠点である国富工場(宮崎県)など国内の複数工場の生産量を2017年の1月から3割削減したり、京セラは三重県伊勢市の組み立て工場での生産を2017年の3月末までに中止しています。

このような減産の背景にあるのは海外メーカーの進出により激化するコストカットです。

トリナソーラーやカナディアンソーラー、Qセルズなど海外に大規模な生産拠点があるソーラーパネルメーカーが日本でのシェアを伸ばしてきたことで価格競争が激化し、国内のメーカーの多くが価格の見直しを強いられることになりました。

この価格競争は今後も続きと考えられているため国内のメーカーはますます厳しくなっていくことが予想されています。

そのためこの先も減産していく可能性は十二分に残っています。

パナソニックは国内の主力メーカーの一つで数少ない純国産のメーカーであるため今後も頑張ってほしいところではありますが、今後の動向に注目ですね。

SNSでもご購読できます。




コメントを残す

*