シャープ太陽光発電の価格相場と今後の見通し

シャープ太陽光発電の太陽光発電はパナソニックと並んで国内でトップシェアを誇っています。

しかし経営難からホンハイに買収されたことは記憶に新しいと思います。

ホンハイに買収されたシャープはその後BlackSolarという新しいパネルを開発し巻き返しを図っており、2018年には黒字に転じるという計画でした。

本当に黒字になったのかはまだわかりませんが、BlackSolarの導入率が高いようならその可能性も十分あるでしょう。

シャープの太陽光発電に関する詳しい情報は以下のサイトを参考にするといいでしょう。

参考:シャープ太陽光発電の価格相場と今後の見通し

太陽光発電の導入を検討しているならパナソニックとシャープを比較してどちらがよりコストパフォーマンスに優れているか比較してみるのもいいと思います。

ほとんどの場合はパナソニックに軍配が上がると思いますが、条件次第ではシャープに軍配が上がることもあるかもしれません。

設置する容量にもよりますが、1kW当たり25万円から28万円ぐらいで導入できるようなら安い方なのでそれぐらいで見積もりを出してくれる業者を探すといいと思いますよ。

SNSでもご購読できます。




コメントを残す

*