パナソニックの太陽光発電はアマチュア無線に影響があるの?

パナソニックの太陽光発電はアマチュア無線に影響があるのか調べて行きたいと思います。

パナソニックの屋内用集中型パワーコンディショナの仕様書にはアマチュア無線に対して以下のような注意書きがあります。

近隣にアマチュア無線のアンテナがあるところに太陽光発電システムを設置すると、太陽光発電システムの機器や配線から発生する電気的雑音(ノイズ)を感度の高いアマチュア無線機が受信することで通信の障害となる場合がありますので設置はお控えください。

そのためアマチュア無線をしている方は太陽光発電の設置に注意を払わなければならなくなっています。

ネットで調べてみると実際にアマチュア無線をしている方が近隣の建築中の家に太陽光パネルを設置予定だと聞き業者にアマチュア無線用の対応をしてほしいと頼んだところでるかどうかもわからない影響のために施主に負担を強いるわけにはいかないと言われたようです。

実際、アマチュア無線を設置していても普通に太陽光発電を設置している家もあるようですし、太陽光発電のせいでノイズが入ったという方もいるようなので、どう影響するかは設置するまでわからないのが正直なところのようです。

ただし実際にノイズなどの影響が出てしまっても対応してくれるかどうかは別の話になるようです。

法的には対応を強制するようなものはなく、裁判を起こせば不利益を被っているアマチュア無線利用者が勝つ場合もあるようですが、これも100%とは言えないようですね。

つまるところ対応してくれるかどうかは太陽光発電を設置した方の考え方一つだということなので、アマチュア無線を利用している方は泣き寝入りするしかない場合も多いとのこと。

もしアマチュア無線を設置していてノイズの困っている方がいるのなら取りあえずそのノイズの発信源をある程度特定してからメーカーなり業者なり所有者に抗議するしかありませんね。

SNSでもご購読できます。




コメントを残す

*