パナソニックの太陽光発電を激安で導入する方法

パナソニックの太陽光発電を激安で導入する方法を紹介していきたいと思います。

パナソニックの太陽光発電システムは純国産だということもあり人気があるメーカーとなっています。

主力商品はHITと呼ばれる太陽光パネルでコストを抑えながら高い発電量を発揮できるのが特徴です。

太陽光発電の導入を検討しているなら間違いなく候補に入れておいた方がいいメーカーでしょう。

そんなパナソニックの太陽光発電を実際に導入した方の価格は以下のようになっています。

容量設置費用単価売電実績設置場所設置時期
6.12kW2,138,400円349,412円/kW16,895円/月茨城県取手市2017年7月
3.90kW1,140,000円292,308円/kW8,091円/月奈良県奈良市2017年6月
3.67kW1,223,840円333,471円/kW9,544円/月千葉県八千代市2017年6月
5.98kW1,520,000円254,181円/kW21,989円/月兵庫県明石市2017年2月
5.38kW1,443,000円268,216円/kW15,169円/月神奈川県川崎市2017年1月
5.90kW1,530,000円259,322円/kW19,954円/月大阪府東大阪市2017年1月

これを見ると価格は1kW当たり25万円から35万円とかなり幅広くなっていますね。

詳しい理由はわかりませんが、自分の住んでいる地域にパナソニックの太陽光発電を取り扱っているメーカーが多くあると競合して価格が安くなる可能性は高くなります。

一方でハウスメーカーなどを仲介して業者を比較しないまま設置してしまうと価格が高くなってしまいます。

一括見積もりを利用して特殊な屋根でない場合には1kW当たり28万円前後ぐらいが相場になっていると思います。

2017年時点の1kW当たりの相場は32万円前後ぐらいだといわれていたので、それから考えるとパナソニックや安く設置できる方だと思います。

1kW当たり25万円台で設置できるなら激安といっていいでしょう。

上記の方のように激安で設置するには1社でも多くの見積もりを取って、安い業者を探す必要があります。

パナソニックに強い業者がある地域なら25万円台で設置することも可能でしょう。

そのような業者があるかは正直運にもよりますが、まずはパナソニックの太陽光発電を設置できる業者を探して見積もりを取ってみてください。

一括見積もりを使えば地元の複数の業者から一度に見積もりが取れるので便利で良いと思いますよ。

パナソニックの太陽光発電と併用するエコキュート

パナソニックの太陽光発電と併用するエコキュートについて解説していきたいと思います。

エコキュートとは給湯器の一種で、空気熱を利用することにより少ない電力でお湯を沸かすことができるようになっています。

太陽光発電と併用することで電気代を節約することができます。

太陽光発電4.94kWにエコキュートとIHを併用した場合のざっくりとした経済効果は以下のようになります。

この計算だとだいたい年間で21万円の経済効果があることになりますね。

パナソニックの太陽光発電を5kWで導入しIHとエコキュートを同時に導入すれば太陽光発電でだいたい125万円前後、IHとエコキュートを合わせて100万円前後ぐらいになると思うので、大まかに計算するとだいたい200万円ぐらいで導入できれば安い方だと思います。

上記の経済効果を考えるとだいたい10年ぐらいで元が取れるようになっていますがあくまで理想的な数字を並べたもので現実ではこううまくはいかないでしょう。

パナソニックには非常に多くの種類のエコキュートが販売されており、商品ラインナップは以下のページから確認することができます。

→ エコキュートのラインナップはこちらから

シリーズによって搭載されている機能に大きな違いがあり、自分が風呂に入る際に必要だと思う最低限の機能を搭載している機種を選べばそれだけ費用を節約することができるようになります。

ただしよっぽどうまく運用していかないとエコキュートとIHを併用して元を取るのは難しいでしょう。

もし併用したいと考えているならとことん業者を比較して少しでも安く設置できるところを探してみてください。

パナソニックの太陽光発電のエコレポートの作り方

パナソニックの太陽光発電のエコレポートの作り方を紹介していきたいと思います。

パナソニックでは太陽光発電を運用していく中でどのような成果が出ているのか数字として見ることができるエコレポートというものを作れるようになっています。

エコレポートの作成ツールは以下からダウンロードすることができます。

→ エコレポート作成ツールをダウンロードする

エコレポート作成ツールを具体的に説明するとSDメモリーカードに収集したデータをパソコンに取り込んでグラフ化してA4レポート形式で表示するための簡易ツールで、年別、月別、日別の電気発電量、電気使用量、買電量、売電量、お湯の使用量、省エネ目標達成度、環境貢献度(CO2量)をA4レポート形式で表示することができるようになっています。

エコレポートの作り方は以下のページから確認することができます。

→ エコレポートの作り方はこちらから

エコレポート作成ツールにはアプリ版も用意されており、以下のページからインストールすることができます。

→ エコレポート作成ツールアプリ版

アプリ版では以下のようなものを作ることができます。

  1. 月間エコレポート・・・家全体のエネルギーの流れを月毎に見ることができます。
  2. 年間エコレポート・・・家全体のエネルギー・料金の変化を年毎に見ることができます。
  3. 使用ランキング ・・・回路毎の使用量をランキングで見ることができます。
  4. 使用量変化の比較 ・・・回路毎の使用量変化を時間・曜日で見ることができます。
  5. 1時間毎の買電量・・・長時間平均での、1時間毎の買電量を見ることができ、電力プラン選定の参考になります。

例えば月刊エコレポートを作ると以下のようになります。

どちらの方法で作っても問題ありませんが、エコレポートを作ることにより省エネに対する意識が高くなり結果電気代を節約することができるようになるので是非作成してみてください。

パナソニックの太陽光発電に延長保証はあるの?

パナソニックの太陽光発電に延長保証が用意されているのか調べてみました。

結論から言うとパナソニックには保証を延長できる物は用意されていませんでした。

パナソニックの保証は無償でも業界トップクラスの保証が受けられるようになっています。

他のメーカーでは有償で用意されているレベルの保証がパナソニックには用意されているため、保証の延長は用意されていないというわけです。

パナソニックには他にもパワーコンディショナ(同時交換の接続箱含む)買い替え時の保証期間を10年無償で用意しているため、パワーコンディショナを交換した後も安心して使用し続けることができます。

このようにパナソニックでは無償ではありえないほど充実した保証が用意されているため延長する必要はないというわけになります。

太陽光発電の設置で保証を重要視している方は是非パナソニックも候補に入れて比較してみてください。

パナソニックの太陽光発電のエネルギーモニターの価格と性能

パナソニックの太陽光発電のエネルギーモニターの価格と性能を紹介していきたいと思います。

パナソニックの太陽光発電を導入するとエネルギーモニターにより発電量・売電量を見える化することができるようになっています。

7インチの大きな画面で電気の流れがすぐに分かるようになっており、スッキリデザインで卓上置き、壁掛けでも使用することができます。

電気の「創る」「蓄える」「使う」「売る」がきれいな画面ですぐ分かります。

また家族みんなが進んで省エネできる「エコ育」機能がたくさん搭載されています。

更にSDカードでデータを取り出しパソコンで簡単に電気使用量や発電量などのエコレポートを作ることもできます。

太陽光発電を利用して省エネ生活を送りたいと思っている場合は是非エネルギーモニターを導入してみてください。

ちなみに上記のようにエネルギーモニターには有線/無線LAN接続に対応しているタイプと有線LAN接続のみに対応しているタイプがありますが、値段も同じなので特別な理由がなければ有線/無線LAN接続に対応しているタイプを選ぶといいと思いますよ。

パナソニックの太陽光発電の延長ケーブルについて

パナソニックの太陽光発電の延長ケーブルについてお伝えしていきたいと思います。

太陽光発電ではモジュール同士を連結させたりパワーコンディショナーとつなげたりするために延長ケーブル・中間ケーブルはを利用することになります。

延長ケーブル・中間ケーブルは、対応する品番の太陽電池モジュール以外には接続できないので注意が必要です。

パナソニックで用意されている延長ケーブルは以下の通りです。

ほとんどいないとは思いますが、個人で延長ケーブルを交換しようと考えている方は利用できるケーブルを間違えないようにしてください。

特に理由がない場合は業者に頼んで交換することをおすすめします。

また延長ケーブルと中間ケーブルでは用途が異なるので間違えないようにしてくださいね。

パナソニックの太陽光発電で塩害に対応している製品

パナソニックの太陽光発電で塩害に対応している製品の紹介をしていきたいと思います。

パナソニックのパワーコンディショナは普通の状態では塩害地域に設置することができません。

そこで必要になるのが塩害地域でも設置できるようにするオプションで、塩害地域専用と重塩害地域専用のオプションという2つの種類が用意されています。

それぞれのオプションの詳細と対応範囲などは以下のようになっています。

オプションによって海からの距離によって対応している範囲が異なるため業者の方とよく相談してからどれを設置するか決めてください。

また塩害地域に太陽光システムを導入する場合は周辺で施工実績のある施工業者と契約できるようにいろいろな業者から見積もりを取って比較してみてください。

悪徳業者に引っ掛かってしまうと1年でさびさびになってしまったということにもなりかねないので十分注意してくださいね。

パナソニックの太陽光発電のエラーコード一覧

パナソニックの太陽光発電のエラーコードについてお伝えしていきたいと思います。

パナソニックに限った話ではありませんが、太陽光発電で何かしらの不具合が発生するとエラーコードが表示され何が原因かわかるようになっています。

エラーコードの詳細についてはパワーコンディショナの取扱説明書に記載されていると思いますし、すぐに取り出せないという場合は以下のページで確認することもできます。

→ パナソニックの太陽光発電のエラーコード一覧

基本的にはパワーコンディショナを再起動させれば解決できるものが多いのですが、長く使っているとそれだけでは解決できない問題が発生することもあります。

その場合はすぐにサポートセンターに問い合わせて修理の依頼をしてください。

太陽光モジュールなら25年以内、パワーコンディショナなどの周辺機器なら15年以内なら保証期間になるので無料で修理を依頼することができると思います。

またパワーコンディショナなら交換を行っていると交換日から10年は保証の対象になっているので自分が当てはまるか確かめてみてください。

以上が発生し売電ができなくなると修理が終わるまでの間売電収入が0円になってしまうため、不具合に気が付いたらできるだけ早く修理の依頼をするようにしてください。

修理依頼は以下の番号から行えます。

パナソニックの太陽光発電のカタログダウンロードはこちら

パナソニックの太陽光発電のカタログダウンロードについてお伝えしていきたいと思います。

パナソニックの公式サイトで太陽光発電のカタログを閲覧できるようになっています。

WEBカタログを閲覧する場合はAdobe FLASH Playerが必要になるのであらかじめインストールしておいてください。

WEBカタログは以下のページから閲覧することができます。

→ パナソニックの太陽光発電のカタログはこちらから

公式サイトを見てみたところPDFファイルでダウンロードできるようにはなっていなかったので、上記のページをブック―マークしておけばいつでも見れて便利だと思います。

どうしてもダウンロードしたいという場合は印刷ページからPDFファイルに印刷できるようなフリーソフトをインストールしておけばできると思いますよ。

ここでは詳しい方法は割愛しますが方法がわからない場合はPDFファイルに変換するようなソフトを探してみてください。

なお太陽光発電に関する別のカタログが見たい場合は以下のページから閲覧することができるのでそちらも参考にしてみてください。

→ 太陽光発電関連のカタログはこちらから

パナソニックの太陽光発電のメリットとデメリットを詳しく解説

パナソニックの太陽光発電のメリットとデメリットを詳しく解説していきたいと思います。

パナソニックの太陽光発電と言えばHIT太陽光パネルですが、このパネルには高い発電量を保ってコストを削減できるという大きなメリットがあります。

そのため利用者は初期費用を安く抑えることができ、なおかつ容量を確保することができるのです。

以前まではパナソニックのパネルは高いと言われていましたが、2017年以降に導入した方の価格を見てみると以下のようになっていました。

容量設置費用単価売電実績設置場所設置時期
6.12kW2,138,400円349,412円/kW16,895円/月茨城県取手市2017年7月
3.90kW1,140,000円292,308円/kW8,091円/月奈良県奈良市2017年6月
3.67kW1,223,840円333,471円/kW9,544円/月千葉県八千代市2017年6月
5.98kW1,520,000円254,181円/kW21,989円/月兵庫県明石市2017年2月
5.38kW1,443,000円268,216円/kW15,169円/月神奈川県川崎市2017年1月
5.90kW1,530,000円259,322円/kW19,954円/月大阪府東大阪市2017年1月

確かに単価が高くなっている方もいるようですが、容量が小さかったり業者を比較していなかった方たちなので、きちんと施工業者を比較して優良業者を選べば1kW当たり25万円から30万円ぐらいで導入することが可能となっています。

最近では海外メーカーのシェアが伸び始めていますが国産のメーカーの物を使いたいという方には非常におすすめのメーカーとなっています。

パナソニックの太陽光発電のメリットをまとめると以下のようになります。

  • 初期費用を抑えることができる
  • 屋根の形が複雑でも容量を確保しやすい
  • 純国産で安心感がある
  • 保証も充実している

一方でデメリットというほどでもありませんがパナソニックは長州産業にOEM供給をしているため利用者にとってはパナソニックか長州産業なのかわかりにくくなっている部分もあります。

悪徳業者の中には契約時にはパナソニックの太陽光発電で契約しておいて実際に導入するのは長州産業にして費用をごまかすというところもあるようなのでそういった業者に引っ掛からないように注意は必要です。

そのほかにはこれと言ったデメリットはなく当サイトでもパナソニックの太陽光発電システムはかなりお勧めしています。

太陽光発電の導入を考えているのなら一度は必ず検討した方がいいメーカーだと思いますよ。