パナソニックの太陽光発電のアモルファスについて

パナソニックの太陽光発電のアモルファスについて解説していきたいと思います。

パナソニックの主力商品は言わずと知れたHIT太陽電池ですが、パナソニックは世界で初めてアモルファス/単結晶シリコンヘテロ接合太陽電池の開発と実用化に成功した企業になります。

アモルファスシリコンは、原料となるシランガスを太陽電池の基材となるガラス板などに直接吹き付けてミクロン単位の膜として形成されます。

そのためコストを抑えることができ、高温時にも出力が低下しにくいという特性がありますが、変換効率が低いというデメリットもあります。

一方単結晶シリコンは変換効率が高い半面コストが高く高温時に出力が低下しやすいという特長があります。

HITはこれらのメリットをいいとこどりした画期的なパネルとなっており、高出力で高温時でも出力低下が少なくおまけにコストも抑えられる優れ物になっています。

上図にも書いてありますが、アモルファスシリコン層があることにより電化の消失を抑えることができその結果高出力なパネルが出来上がるというわけです。

ちなみにヘテロとは異なるという意味で、ここでは種類の異なるアモルファスシリコンと単結晶シリコンを接合しているという意味合いで使われています。

アモルファスシリコンについて更に詳しく知りたい場合はWikipediaなどで調べてみるといいでしょう。

SNSでもご購読できます。




コメントを残す

*