太陽光

パナソニックの太陽光パネルHITの発電量はどれくらい?

パナソニックの太陽光パネルHITの発電量がどれくらいなのか調べていきたいと思います。

パナソニックの太陽光パネルHITは高出力といううたい文句を見たことがある方は多いと思いますが、実際どれくらい発電するのかは気になるところだと思います。

パナソニックの公式サイトには発電量予想として以下のような数字が挙げられていました。

これを見ると約5kWの容量で年間6000kWh以上発電している地域が多数あることがわかります。

太陽光発電では1kW当たり年間で平均1000kWhの発電量と言われているので、それから考えるとかなり発電している方だと思います。

ただしこれはあくまで発電予想なので実際の数字ではありません。

しかしながらパナソニックでは実際にHITを設置した方がどれくらいの発電量だったかを公式サイトに掲載しています。

→ パナソニックのHITの実発電量はこちらから

例えば関東地方で東京でHITを導入した方の発電量は以下のようになっていました。

このほかにも多くの方が予想発電量よりも実発電量の方が上回っている結果となっていました。

もちろんこれはパナソニックにとって都合のいいデータだけを掲載している可能性があることは否めませんが、それでも実際にこのような数字を出しているわけなので参考にはなると思います。

このようにパナソニックの太陽光パネルであるHITは信頼できる発電量を誇っていますので、まだメーカーを決めかねている方は候補に入れておいてもいいと思いますよ。

パナソニックの太陽光パネルHITの口コミ・評判

パナソニックの太陽光パネルHITの口コミ・評判を徹底的に調べていきたいと思います。

パナソニックは太陽光パネルにHITを採用している数少ないメーカーで、日本では長州産業というメーカーにOEM供給を行っています。

HITは単結晶シリコンパネルと多結晶シリコンパネルの長所を併せ持ったようなパネルで、低コストで生産できる上に高出力を誇っています。

2015年から2016年にかけてパナソニックは日本国内でトップシェアを維持しています。

そんなパナソニックのHITを実際に導入した方の口コミ・評判がどのようになっているのかを調べてみました。

  • 売電価格が多いのでどの月も光熱費がマイナスになる
  • 予想より発電効率が良い
  • 異常気象で日照時間が例年より大幅に少なく、シミュレーションどおりの結果がでていない
  • 多少の変動はあるが、ほぼ見積どおりの発電がされている
  • 予想値より平均して2割増しで発電している
  • シミュレーション通りに発電している
  • もともと昼間はほとんど電気を使わないため、昼の発電がほぼ売電され、シミュレーションをかなり上回る売電ができている
  • 冬季(12月~2月)を除いて、売電収入が電気代を上回った

ほとんどの方がシミュレーションよりも発電量が多かったという結果になっているようですね。

ただし冬季や雨季には発電量が少なくなるようなのでその点は理解しておいた方がいいでしょう。

シミュレーション通り、あるいはそれ以上の発電量が期待できるということは見積りの際に経済効果を確認しやすいということになります。

訪問見積もりで初期費用を回収してその後も利益が出るようなら設置してもいいということになりますね。

口コミ・評判もいいものが多いので太陽光発電の設置を検討している方は是非パナソニックも候補に入れてみてください。

パナソニックの太陽光発電の保証条件と申請方法

パナソニックの太陽光発電の保証条件と申請方法についてお伝えしていきたいと思います。

パナソニックではモジュール出力保証25年と周辺機器保証15年が無償でついてくることになっています。

保証条件は以下に記載されているので該当するか気になる方は確認しておいてください。

基本的にはきちんとした業者に施工を依頼すれば保証の対象になるようですね。

保証の申請方法についてですが販売店(施工業者)に依頼するようになっているので、契約時にどの対ミグで保証の申請を行えばいいのか確認しておきましょう。

一般的には施工が終わって太陽光発電が稼働し始めてから1カ月以内の申請となっていることが多く、紙の申し込み用紙で申請することが多いです。

公式サイトにはそのあたりのことが詳しく記載されていなかったのできちんと自分で確認するようにしておきましょう。

保証の申請を忘れると万が一の時にすべて実費で修理しなければならなくなり初期費用を回収するどころの話ではなくなるので忘れずに申請するようにしてくださいね。

パナソニックの太陽光発電のパワコンに対する保証について

パナソニックの太陽光発電のパワコンに対する保証についてお伝えしていきたいと思います。

パナソニックの太陽光発電では周辺機器に対して無償で15年の保証が付帯されることになっています。

無償で15年という長期保証を用意しているところはあまりないのでその点でもパナソニックは優れていると言えるでしょう。

更にパナソニックではパワコンを交換した際に10年間の保証が追加されるようになっています。

つまりパナソニックの太陽光発電システムではパワーコンディショナに対する保証が合計で25年付いてくる(買い替えは有料)ということになりますね。

このようにパナソニックの太陽光発電は無償で長期の保証が用意されていて消費者にとっては非常にありがたいメーカーとなっており、更にパネルの性能も他社と比較してもトップクラスであるため、これから太陽光発電の設置を進めたいと思っている方は是非候補に入れてみてください。

パナソニックの産業用太陽光発電の保証について

パナソニックの産業用太陽光発電の保証についてお伝えしていきたいと思います

パナソニックの産業用太陽光発電のモジュール出力保証は購入するパネルによって保証期間が変わります。

出力の大きな大型タイプは20年、標準タイプは25年の保証となっており、どちらも無償で保証が付帯されるようになっています。

20年保証は10年で81%未満、または20年で72%未満になった場合に保証することになっており、25年保証は10年で81%未満、または25年で72%未満になった場合に保証してもらうことができます。

パワーコンディショナに対する保証は10年となっており、詳しい記述はありませんでしたがおそらくこれも無償で受けることができると思います。

残念ながら産業用では15年の長期保証は用意されていないようですね。

このことから察するに産業用太陽光発電の場合は10年から15年で交換する人も多いのだと思います。

パナソニックの産業用太陽光発電の保証はすべて無償で受けることができるようになっていますが、申請はする必要があるので施工が終わった段階で施工業者に保証の申請を忘れずに行っておきましょう。

書面でのやり取りになると思いますが1ヶ月もあれば手続きも終わると思いますよ。

パナソニックの太陽光発電の自然災害保証について

パナソニックの太陽光発電の自然災害保証について解説していきたいと思います。

パナソニックでは通常の保証とは別に有償で自然災害補償をつけることができるようになっています。

自然災害補償で保証の対象となるのは以下の物になっています。

  1. 太陽電池モジュール(パネル)
  2. パワーコンディショナー(屋外用マルチストリングス型およびパワーステーション本体を含む)
  3. 接続箱(昇圧機能付きを含む)
  4. 創蓄連携システム蓄電池ユニット
  5. 架台、表示器(他社製品を含む)
  6. ①~④までの物の付属品または付属配線であって、購入者に対して設置時に供給した物(他社製品を含む)

保証期間は10年の物と15年の物が用意されており、料金は以下のようになっています。

  • 自然災害補償 10年 : 15,000円/パワーコンディショナー1台あたり
  • 自然災害補償 15年 : 23,000円/パワーコンディショナー1台あたり

災害はいつやってくるかわからないのでできれば15年の方をセットしておきたいですね。

自然災害補償に加入するには販売店に問い合わせる必要があるので、契約の際に自然災害補償をつけたいということを伝えておくといいでしょう。

自然災害補償の適用事例など更に詳しい情報を知りたい方は以下から見ることができます。

→ パナソニックの太陽光発電の自然災害補償の詳細はこちらから

パナソニックは自然災害補償を取り扱っている数少ないメーカーの一つであるのでせっかくパナソニックにしたのならセットしておくことをおすすめします。

パナソニックの太陽光発電の技術相談はこちらから

パナソニックの太陽光発電の技術相談についてお伝えしていきたいと思います。

パナソニックの太陽光発電をすでに導入している方で修理などの相談を行いたいという方は以下のページから行うことができます。

→ パナソニックの太陽光発電の修理相談はこちらから

上記のページにはインターネットから修理依頼できるフォームと電話番号が用意されているため、時間に余裕がある場合は専用フォームから、急ぎの場合は電話から問い合わせてしてみるといいでしょう。

専用フォームはどのくらいで返事が来るのかわからないため、可能なら電話した方がいいとは思います。

修理の依頼の場合はパワーコンディショナにエラーコードが表示されている場合が多いと思うのでそれをメモしていくとスムーズに相談できると思いますよ。

修理以外の太陽光発電に関する問い合わせは以下から行うことができます。

→ パナソニックの太陽光発電に関する問い合わせはこちらから

ただしこちらを利用する場合はよくある質問欄にこれから質問しようと思っている内容が記載されていないかを確かめてから行うようにしてください。

技術的な問い合わせはパナソニックに直接するのではなく施工業者に相談してみるという手もあるので、契約書に記載されている業者に相談してみるのもいいと思いますよ。

パナソニックの太陽光発電の減産はいつまで続く?

パナソニックの太陽光発電の減産について解説していきたいと思います。

パナソニックは2016年の2月に大阪府内の主力工場の稼働を停止したことで、国内外合わせた全工場の稼働率は現在50%~60%にとどまっています。

最近では昭和シェル石油子会社のソーラーフロンティアはがパネル生産の主力拠点である国富工場(宮崎県)など国内の複数工場の生産量を2017年の1月から3割削減したり、京セラは三重県伊勢市の組み立て工場での生産を2017年の3月末までに中止しています。

このような減産の背景にあるのは海外メーカーの進出により激化するコストカットです。

トリナソーラーやカナディアンソーラー、Qセルズなど海外に大規模な生産拠点があるソーラーパネルメーカーが日本でのシェアを伸ばしてきたことで価格競争が激化し、国内のメーカーの多くが価格の見直しを強いられることになりました。

この価格競争は今後も続きと考えられているため国内のメーカーはますます厳しくなっていくことが予想されています。

そのためこの先も減産していく可能性は十二分に残っています。

パナソニックは国内の主力メーカーの一つで数少ない純国産のメーカーであるため今後も頑張ってほしいところではありますが、今後の動向に注目ですね。

パナソニックの太陽光発電を利用した街路灯

パナソニックの太陽光発電を利用した街路灯を紹介していきたいと思います。

パナソニックには太陽光発電を利用したソーラー街路灯がいくつか販売されており、種類もたくさん用意されています。

パネルも1枚と2枚の物があり、実際に設置するとなると以下のような感じになります。

パネルが1枚の物はフル充電時で4日間点灯分、2枚の物は5日間点灯分となっています。

特注品となっているため価格は非公開なので、注文したいと思っている場合はパナソニックに問い合わせてみるといいでしょう。

商品の詳細については以下のページから確認することができます。

→ パナソニックのソーラー街路灯はこちらから

種類によって光の強度などが異なるためメーカーによく確認してから購入することをおすすめします。

パナソニックの太陽光発電を激安で導入する方法

パナソニックの太陽光発電を激安で導入する方法を紹介していきたいと思います。

パナソニックの太陽光発電システムは純国産だということもあり人気があるメーカーとなっています。

主力商品はHITと呼ばれる太陽光パネルでコストを抑えながら高い発電量を発揮できるのが特徴です。

太陽光発電の導入を検討しているなら間違いなく候補に入れておいた方がいいメーカーでしょう。

そんなパナソニックの太陽光発電を実際に導入した方の価格は以下のようになっています。

容量設置費用単価売電実績設置場所設置時期
6.12kW2,138,400円349,412円/kW16,895円/月茨城県取手市2017年7月
3.90kW1,140,000円292,308円/kW8,091円/月奈良県奈良市2017年6月
3.67kW1,223,840円333,471円/kW9,544円/月千葉県八千代市2017年6月
5.98kW1,520,000円254,181円/kW21,989円/月兵庫県明石市2017年2月
5.38kW1,443,000円268,216円/kW15,169円/月神奈川県川崎市2017年1月
5.90kW1,530,000円259,322円/kW19,954円/月大阪府東大阪市2017年1月

これを見ると価格は1kW当たり25万円から35万円とかなり幅広くなっていますね。

詳しい理由はわかりませんが、自分の住んでいる地域にパナソニックの太陽光発電を取り扱っているメーカーが多くあると競合して価格が安くなる可能性は高くなります。

一方でハウスメーカーなどを仲介して業者を比較しないまま設置してしまうと価格が高くなってしまいます。

一括見積もりを利用して特殊な屋根でない場合には1kW当たり28万円前後ぐらいが相場になっていると思います。

2017年時点の1kW当たりの相場は32万円前後ぐらいだといわれていたので、それから考えるとパナソニックや安く設置できる方だと思います。

1kW当たり25万円台で設置できるなら激安といっていいでしょう。

上記の方のように激安で設置するには1社でも多くの見積もりを取って、安い業者を探す必要があります。

パナソニックに強い業者がある地域なら25万円台で設置することも可能でしょう。

そのような業者があるかは正直運にもよりますが、まずはパナソニックの太陽光発電を設置できる業者を探して見積もりを取ってみてください。

一括見積もりを使えば地元の複数の業者から一度に見積もりが取れるので便利で良いと思いますよ。